2016.11.3 恐羅漢山~十方山~丸子頭

恐羅漢山(1346.2m) 登頂2016年11月3日

牛小屋高原7:20s-恐羅漢山8:00-旧羅漢山8:15a8:20s-水越峠8:55-1328m峰9:30-十方山9:40a9:45s-丸子頭10:20a10:25s-標高1070m下山路分岐10:35-県道10:55-横山川橋11:00-牛小屋高原BP11:30a

戸河内道の駅で仮眠の後、6時過ぎに牛小屋高原へ向け出発。内黒峠を越えると、目指す恐羅漢山が目に飛び込んでくる。前面は、スキー場開発で痛々しいが、広島の山の盟主である。スタート地点は、牛小屋高原の道路の最高点、標高970m。スキー場の縁に沿ってとりあえず標高を上げていく。標高1140m付近でスキー場は終わり、山道になる。
少し斜面をからむように登るとほどなく稜線に出て、40分であっさり恐羅漢山の頂上に出る。下では晴れていた空が、山頂付近はガスの中、休憩もそこそこに、縦走に移る。湿地帯のコルを越えるとほどなく旧羅漢山。山頂には岩塔があり、よじ登って最高点を極める。南になだらかな尾根を下り、途中から支尾根を下ると、林道に出て、水越峠下の十方山登山口に出る。

十方山(1318.8m) 登頂2016年11月3日

続いて十方山を目指す。赤いテープに従いなだらかな樹林の中を登っていく。勾配が急になると尾根が収束し、道は尾根上を行くようになる。周囲も、笹が優占してくる。勾配の緩急と地形図を組み合わせると、自分の標高がよくわかる。左にカーブする広い尾根を上り詰めると、十方山北峰。こちらのほうが本峰よりやや高い。ネマガリタケの中に広く刈分けられた道を行くと、十方山頂に着く。あいにく雲の多い天候だが、展望は360度良く見渡せる。下山は、北へ内黒峠へのルートを取る。道は良く踏まれ快適だ。ブナが点在する笹原の中、緩やかな登降を繰り返し、広い尾根をたどっていく。

丸子頭(1236.2m) 登頂2016年11月3日

十方山から北へ、内黒峠への尾根をたどる。途中1312m峰で、那須への下山路が分かれる。なだらかな広い尾根にはっきりした踏み跡が続く。丸子の頭は、縦走路から少し西にはずれており、平坦な尾根を少し行くと、樹林の中に三角点と標識がある。展望は全くない。縦走路に戻り、北へ下っていく。内黒峠-十方山間の最低コル手前の標高1020mから、二軒小屋へのショートカットの下山路が分かれる。左手のヒノキ人工林がよい目印になる。ほぼ忠実に尾根沿いに踏み跡を下ると、戸河内と二軒小屋を結ぶ県道252号線に出て、少し西に県道を伝うと、二軒小屋下の横川川の橋に出る。車道を牛小屋高原に登り返し、起点に戻る。