2018.4.15 大坂峠~鉢伏山~大山

マニアック尾根屋谷口です。2017年11~3月の山行報告が何点かできてませんが、4月15日例会山行(県連入門登山教室は中止)の山行報告で す。
1 行程:板野 … 板野駅9:18-9:24阿波大宮駅9:26…10:18△392.5m(展望台)10:23…アセビ公園…県境尾根…10:45龍王山分岐 10:57…11:50鉢伏山12:06…12:41一本松越12:46…13:24大山越13:28…13:45迂回路分岐…14:04大山 691.3m 14:12…14:33大山寺14:35…15:43技の館=板野
2 参加者:早田、渡辺、谷口、仁木(小松島)
3 天気予報を踏まえ早めに県連入門登山学校は中止されましたが、雨は降らないようなので、例会としては実行。上板町技の館に車を1台デポし、板 野町へ移動し、板野駅からJR高徳線で阿波大宮駅へ。駅前より大坂峠を目指す。途中(讃岐街道の標識)から東海自然歩道となっており、アセビ公園 まで都続いているが、展望台の手前で分かれる。アセビ公園では、アセビの花盛り。県境尾根は最近刈り払いなど行われた模様で、倒木を避けることも 少なく歩きやすくなっていた。正午前に展望なし鉢伏山に到着し、昼食。さらにアップダウンを繰り返し、一本松越を経て大山越に到着。ここから 100mの登りは阿讃山脈随一の急登。登りにはいいが、下りは香川県側のNTTの巡視路(車道)を利用した方がよい。2時過ぎにようやく大山に到 着。大山寺までの下りは快適な参拝道となっている。大山寺からは暫く車道を下り、途中から遍路道を利用して下る。徳島自動車道の下を過ぎ、田植え の進む農村風景を楽しみつつ、技の館へ無事到着。車で板野まで戻って終了。健脚揃いで6時間20分の行程となり、展望も望めないことから、入門 コースとしては要再考。

展望台から淡路を望む

満開のアセビ

鉢伏山山頂

一本松越

大山越からの急登

大山山頂

大山寺のいちょう

遍路道

大山を振り返る

前の記事

2018.1.7 氷ノ山