2023.9.30-10.2 鷲羽岳

参加者
佐藤、森田、藤友毅・美恵

行程
9月30日 13:30登山口発- 14:30 わさび平着泊
10月1日    7:00 わさび平発-11:00鏡平小屋着昼食-14:00  双六小屋着
10月2日 【佐藤・森田組】
6:45  双六小屋発-稜線ルート・双六岳~三俣蓮華岳~三俣小屋10:30経由-鷲羽岳~三俣小屋~巻道ルートで双六小屋着16:00
10月2日 【藤友毅・美恵組】
6:45 双六小屋発-巻道ルート・三俣小屋9:30経由-鷲羽岳10:50-三俣小屋11:50-三俣蓮華岳~中道ルートで双六小屋着15:00
10月3日    5:50 双六小屋発~鏡平~11:30わさび平・昼食-12:30登山口下山-13:30温泉に入り、徳島へ-21:00徳島着・解散

10月1日出発から雨、涸沢と名のついた渡渉点も増水。鏡平あたりから紅葉がちらほら、雨は上がるもガスで槍ヶ岳は見えず。くろゆりベンチ手前木道の所で、ナナカマドの木に乗る5羽のライチョウに遭遇!双六小屋では生ビールSale中で迷わず乾杯!樽を開けだちでウマし!小屋は満室でないまでも混雑、4人個室を連日使用させて頂く、感謝。季節終盤でグッズはほぼ売り切れ・・
10月2日 快晴、絶好の山行日和!2班で鷲羽岳へ。藤友ペア、コース途中でライチョウに会い、鷲羽岳からは八ヶ岳~富士山~立山まで360度パノラマを堪能。帰路、三俣への登り返しで人生初オコジョに出会う、嬉しいー佐藤・森田ペアを待ち、乾杯!
10月3日 快晴、冷え込んだため霜柱に薄氷。鏡平では無風を狙い逆さ槍を激写。急に冷え込み紅葉が進む。沢も涸沢にもどり、渡渉点の増水もにごりがとれ、槍穂を眺めつつ無事下山。わさび平小屋でそうめんの昼食。新穂高バスターミナル真裏に日帰り温泉り(硫黄泉)あり。無料駐車場(150)ほぼ満車。

山行記録

前の記事

2023.7.1 妙見山系 
山行記録

次の記事

2023.10.26 広戸仙、滝山